債務整理経験者が語る、デメリットは大して無いよ?

クレジットカードの支払日に支払えない場合はどうなるの?

クレジットカード利用者のあるある・・の一つに

 

クレジットカードの引き落とし日を忘れてた・・

お金が足りなくて支払えない・・

 

といった事があると思いますがその場合は一体どうなるの?って事に関しての実体験からの情報です。

 

 

2つ例を挙げます

 

クレジットカードの支払日に支払えない場合の対応はカード会社によって違います。

 

例えば筆者の愛用してるJ社自社ブランドクレジットカードの場合

 

引き落とし日10日ですっかり忘れてた場合

数日以内に電話が来て再引き落とし日を設定(予め決まっている再引き落とし日がある。大体10日後辺りを設定されている)。

もしくはどちらかが連絡してオペレーターとのやりとりで振込先に振り込む事も可能。うっかり忘れてたがお金が無い訳では無く早く使いたい・・といった場合はこういった対応も可能

 

利用の可否は?

再引き落とし日までは、もしくは振込を確認されるまでは利用不可

 

 

滞納による信用情報

常習で無ければ変化なし。再引き落としで引き落とせない場合・・は恐らく滞納情報が付く

 

といった感じです。

 

正直言ってある程度継続的に支払ってさえいれば、少し支払いが遅れる程度のペナルティに関しては緩めのカードだと思います。

他社のクレジットカード等の債務を複数枚任意整理した時も変わらず利用可能でずっと使えていました。

 

ただし、これらがどのカード利用者にもあてはまるとは限りませんのでそこは注意点です。

 

調べたところ実際には61日以上滞納すると延滞として信用機関に延滞情報が載るようです。

私はここまで滞納した事は無かったです。

 

そこまで滞納するんなら実質ブラック一直線なんだから債務整理を検討した方がいいような・・

 

あとこれはカード会社に限らず社会保険料等の役所系の滞納にも言えるんですが・・

 

連絡が付かない滞納者に付いては厳しいペナルティが課される傾向にあります

 

滞納常習者だった私ですが、連絡だけは必ず付くように気を使ってました。払えないから電話が掛かってきても出ない・・数日後には支払う・・人よりも電話に出て適当にあしらって少し払ってまたしばらく滞納・・みたいな人の方がマシと見なされます。

 

案外話せば分かる・・って感じです。

 

某キャッシング専用M社クレジットカードの場合

 

CM等でも有名な某M社の場合です。他のキャッシング専用カードでも似たようなものです。

 

引き落とし日にすっかり忘れてた場合

 

電話にて連絡が来ていつ払えますか?といった事を聞かれます。

これは無視せず素直に何日には払えます・・と伝えた方が良いです。

 

どうしても無理なら金額も含めて相談しましょう。

 

キャッシング用カードは一般的なクレジットカードと違って最終支払日から◯◯日以内に支払い・・といったタイプが多いです。(※35日が多いと思う)

なのでお金がある時にさっさと繰り上げ返済しておいた方が良いです。

勤め人が30日に一回給与がある事を見越して大体35日程度になっていると思われます。

 

利用の可否は?

支払うまでは使えなくなるが支払って利用可能枠があれば直ぐに使える場合が多い。特にATM入金の場合は即座に使える場合が多い

 

滞納による信用情報

常習で無く数日程度の滞納であれば変化なし。だがどの程度滞納してるか・・で変わってくると思われる。

 

社内情報があるのかどうかは不明ですが、61日滞納すると延滞者として信用情報に載る事は確実です。

 

社内情報に延滞者・・となる会社もあるとの事なんですが、他社を債務整理した後ここを普通に完済した後に限度額増やしませんか?で5倍を提示されました。

 

少しの滞納に関しては常習だったんですがその辺あまり気にしてないと思われます。

 

前述

 

・・と実体験からするとこのような感じです。

もちろん他にも沢山クレジットカードを使っていましたが、大きく分けて↑の2つですね。

 

 

利用者によってやカード会社によって対応は違うと思うんですが、大きく借りてそれなりに遅れずに返してる人に対してはこんなもんだと思います。

 

専門的な事よりも実際に滞納した場合どうなのよ?って事について書いてみました。

 

 

無料で大量に、しかも簡単にオーブを手に入れる裏ワザ


>>ちょっと覗いてみる

 

既に知ってると思いますが、知らなかったら見てみて下さい。

 

この記事に関連する記事一覧