債務整理経験者が語る、デメリットは大して無いよ?

カードの限度額まで使って支払いができない時にどうなるのか?

クレジットカードの限度額まで利用して支払いが出来ない場合は?という事についてお話します。

 

クレジットカードには利用者全員に限度額が設けられています。

◯◯万円までなら使っていいよとカード会社が様々な要素を検証してその限度額を決定しています。

 

この限度額は収入や利用履歴といった情報についてクレジットカード会社が総合的に判断して決定しているので、本来であれば支払い出来て当然の金額な訳ですが人間生きてりゃ色々あります。

 

大抵の人は支払えない場合はとりあえず放置を選ぶと思います。

どうして良いか分からない・・ってのが本音でしょうからね。

 

クレジットカードの支払い方法はいくつかありますがそれによっても支払いをしなかった場合のカード会社側の対応は多少違ってきます。

 

ちなみに支払えない・支払えなかった時に限度額まで使ってるかどうか?は特に問われないようです。

 

ただ使ってる最中にいつもより沢山使ってる、換金性の高い物を沢山買ってる・・といった事があるとレジ等で一旦ストップが掛かって確認を必要とされる場合はありますね。

いわゆる『承認取る』って奴です。

 

大きく分けると以下のような支払い方式ですね。

 

1.引き落とし日が月の◯◯日と決まっている。

いわゆるクレジットカードはこちらがほとんどでしょう。

 

2.引き落とし方式では無く振込やATM入金で支払日が繰り越される

キャッシング専用のカードなどスライドリボルビング方式の場合ですね。

こちらは毎月何日と決まってる訳ではないので忘れてた・・となりがちではあります。

 

 

そうした場合にどうなるのか?ですが、大抵のクレジットカード会社は翌日以降に登録してある電話番号に電話を掛けてきます。

 

もちろん支払われなかった時点で利用停止になるのは共通でかつ確実です。

 

その時にオペレーターが伝えてくる事はシンプルです。

前述の1.の引き落としの場合

再引き落とし日が設定されてる場合はその再引き落としの日を伝えられて、

◯◯日までに◯◯円の入金をお願いします。

 

となります。

 

もし何らかの相談、例えば振込に出来ないか?等があれば聴いてみると柔軟に対応してくれる場合もあります。

これはカード会社毎に融通が効く効かないが全く違います。

 

ちなみにクレジットカードに関して【一部引き落とし】というのは一切ありません。

引き落とし予定の金額に大して1円でも足りない時点で全く引き落とされません。

 

前述の2.の支払日が固定では無い場合・・のカードの場合はやはり電話が掛かってきて支払いがありませんでしたがいつになりますか?って聴かれます。

 

これは特に誤魔化さずに給料日などお金が入りそうな時を伝えれば良いでしょう。

分からない場合は分からないと正直に伝えて良いです。

 

 

これら改めての支払いが成されない場合61日以降滞納すると信用情報に滞納情報が記録されます。

 

一回でも滞納すると社内ブラックが・・・といった事はカード会社にもよるんでしょうがあまり気にしなくて良いような気はします。

 

私は過去に何社も滞納常習だった経験もありますが、限度額が下がったり連絡が激しくなったり・・といった事は一切経験がありません。

 

再引き落としにしろATM入金にせよ支払ってさえしまえば直ぐにカードも使えるようになりますね。

もちろん支払後に限度額が空いてれば・・の話です。

 

そんな事がいつも続くようでしたら債務整理を経験した方が良いとは思いますが・・

 

 

無料で大量に、しかも簡単にオーブを手に入れる裏ワザ


>>ちょっと覗いてみる

 

既に知ってると思いますが、知らなかったら見てみて下さい。

 

この記事に関連する記事一覧