債務整理経験者が語るデメリットは無いよ

債務整理経験者が語る、デメリットは大して無いよ?

色々なケースの払えない・・についての対応ノウハウを提供します。借金が払えない・払うのが苦しい・・となってきたあなたへ

電話占い使い過ぎでクレジットカードの支払いが出来ない場合はどうするべき?

読了までの目安時間:約 8分

前回の記事では電話占いの利用料金を支払えない場合・・についてのお話をしました。

 

電話占いの後払い料金が払えない

 

今回はまた違った具体的な想定をしてみます。電話占いの使い過ぎでカードの支払いが出来ない・・といった事情について考えてみましょう。

 

電話占いの料金が払えない!占いジプシーの2つのケース

ユーザーからすれば支払えないといった点については同一ですが、客観的には全く違ったケースとなります。

 

2つの違いですが

前述の記事では

 

①電話占いを利用したけど後払いサービス料金を支払えない

②電話占いを利用してサービス料金はカード会社が払ったが、そのカード会社への支払が出来ない

 

と全く違ったケースになりますね。

電話占いの会社からしたら②のケースは自分たちに被害は無く一番カンタンで無問題ですね。

問題は①のケースです。督促まで基本的には自分たちでやる必要がありますからね。

 

後払いの金額はそんなに大きくない事も多いので、逆に言えばその程度の金額で・・と督促も回収も手間の割には大したメリットが無い・・となってしまいがいちでしょうね。

 

ユーザー側から見てもそんなに極端に高くはならないので悩みレベルもそんなに大きくはなりませんよね。

 

例えば某大手のサイトで渡しの場合は最初は5000円だったけど今は1万円ってのがあります。

同じサイトを使ってる知り合いで5万円という人がいますが、やはり利用実績と支払い実績があって初めてその額になってますからね。

 

やはり問題は2のケースです。

ユーザーからみたらこっちが圧倒的に深刻です。

 

電話占いの料金が払えない!クレジットカードで占いジプシーしてて支払えないケース

 

こっちのケースは深刻な場合も多いかと思います。

 

クレジットカードで電話占いを利用し過ぎて気付いたらウン十万・・というパターンです。

この場合勝手に止めてはくれず、強制的に利用が出来なくなるのは限度額まで到達した時・・となります。

 

クレジットカードは電話占いに限らずショッピングやサービス利用の場合、利用実績さえあれば年収が低くても結構大きな金額を利用出来るのである意味厄介です。

 

キャッシング枠は総量規制があるので結構厳しいんですけどね。

 

※筆者の場合の実例なんですが、昔作ったクレジットカードで職業をアルバイトで登録してそのまま変更してないカードがあります。ゴールドカードですら無い一般カードですがショッピング枠150万ありますw

最初は20万の枠で年収も別に盛って無いです。どんなアルバイトだよ・・って話ですね。

 

電話占いで使う場合基本的には先払い時にカードでポイント払いに使う事になると思いますが、ついつい熱くなってジプってて限度額が上がってる事に気付かずにとんでも無い事に・・って事も充分有り得るって話ですね。

 

実際↑の筆者の事例でもたまたまウェブで限度額を見たら増えてた・・の繰り返しでした。

 

そうなった場合の凌ぎ方を考えてみましょう

 

電話占いの料金が払えない!の対策いくつか

 

この場合だと占い会社にはもう支払っているのでクレジットカード会社との話になります。

とりあえず払えない場合にどうするか?ですが・・

 

・後から分割・リボルビングのようなサービスを利用する

・カード会社に正直に話す

・どっかから借りて返済する

・弁護士や司法書士に相談して債務整理

 

とりあえず簡単なのはあとからリボ・後から分割を利用する事です。

でもこれはその場凌ぎにしかなりません。でもシミュレートしてみて支払えるのであればこれで良いでしょう。

 

しかし例えば楽天カードなどの場合は、ウェブやスマホアプリで簡単に設定出来るんですが、これを設定出来る時期が限られてたりします。

コールセンターに連絡しても無理ですの一点張りなんですよね(経験アリ)

どっちみち払えなかったら困るのはあなた達だよ?って思うんですけどね。

 

その場合どっちみちカード会社から連絡が来てどうするのか話す事になるでしょう。

その場合はカードは支払いが済むまで一時的に利用停止になりますし、その後支払い次第で利用再開が出来るのかどうかはカードのブランドの会社の判断になります。

 

その場合でも支払い義務が消える事はありません。

 

どこかからか借りたり、お金を作れる場合は頑張って作った方が良いでしょうね。

出来れば支払いの時期までに・・なんとかした方が良いでしょう。

 

最後の弁護士や司法書士に相談ですが

どっちみちいつも借金が払えないのであればいっそ借金自体を整理した方が良いでしょう。

 

任意整理

個人再生

破産

 

借金の整理には基本的にはこの3種類があります。

 

※特定調停というのもありますが、個人の債務整理においてはよっぽど詳しくて時間もいっぱいあるといった人以外は考慮しなくて良いと思います。

 

大抵の場合は任意整理を選択する事になるとは思いますが、それも含めて法律実務書に相談した方が良いでしょう。

恐らく電話占いでカードの支払いが出来なくなる・・といった場合は完全に冷静さを欠いてると思うので、専門家に判断を委ねる方が良いです。

 

どれを選んでも基本的にはクレジットカードは利用出来なくなる(一部を残す事も出来るが、ジプりがちな人はしない方が懸命かも)ので身の丈を超えたジプシーも強制的に止めれる事になるかと思います。

 

債務Lady

 

カード会社に相談した場合は遅れても良いから払えよって事になりますが、その場合利用出来ないけど金利も払い続けるハメになってアホらしいので、弁護士に相談して即座に利払いを止めた方が良いです。

 

借金整理に抵抗がある人は色々な想いがあるでしょうが↓のも読んでみると少しは気楽になるかもです。

 

債務整理は悪い事なのか?債務者と債権者は本来は対等

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
アース法律事務所
人気の投稿とページ
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。